アストラゼネカ株式会社

慢性閉塞性肺疾患
(COPD)







1. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは?

昔の⾃分や同年代の⼈と⽐べてこのようなことはありませんか?

階段や坂道を上るとき 途中で休んでしまう 階段や坂道を上るとき 途中で休んでしまう

階段や坂道を上るとき
途中で休んでしまう

少し動くだけで 息がハーハーする 少し動くだけで 息がハーハーする

少し動くだけで
息がハーハーする

痰がずっとからんでいて 電話や会話のとき気になる 痰がずっとからんでいて 電話や会話のとき気になる

痰がずっとからんでいて
電話や会話のとき気になる

息が続かないので 趣味をやめている 息が続かないので 趣味をやめている

息が続かないので
趣味をやめている

階段や坂道を上るとき 途中で休んでしまう 階段や坂道を上るとき 途中で休んでしまう

同年代の人より
歩くのが遅い

咳や痰が出て 眠れない・起きてしまう 咳や痰が出て 眠れない・起きてしまう

咳や痰が出て
眠れない・起きてしまう

 

少し動くとハーハーしたり、夜中や朝に咳・痰が続くのは「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」が原因かもしれません。


COPD:慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)の患者さん
は、タバコの煙などによって、気管⽀の炎症や肺胞の破壊が起
き、咳、痰、息切れなどの症状が起こります。








2. 禁煙が大切です

慢性閉塞性肺疾患(COPD)はタバコの煙が主な原因です。肺機能の低下が起こる病気ですが、禁煙により進⾏を抑えることが期待できます。



 







3. 日常生活でできること

慢性閉塞性肺疾患(COPD)による咳・痰・息切れなどの症状がひどくなる「増悪」を起こさないことが⼤切です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気では、咳・痰・息切れなどの症状がひどくなる「増悪」を起こすことで、からだの状態が悪くなっていきます。

普段の⽣活で気をつけたいこと

タバコをやめる

タバコをやめる

禁煙は最も効果的な治療です。

しっかり食べる

しっかり食べる

バランスの良い食事を心がけましょう。

服薬を続ける

服薬を続ける

毎日の服薬はしっかり続けましょう。

手洗い、うがいをする

手洗い、うがいをする

風邪やインフルエンザを予防しましょう。

適度に運動する

適度に運動する

無理のない範囲でからだを動かしましょう。


close

慢性閉塞性肺疾患(COPD)かも?と思った方は
チェックシートで確認してみましょう。

後でみる




チェックをはじめる navigate_next






4. 気になる症状は医師へ相談しましょう

症状を改善し、やりたいことができる生活を目指しましょう。

 

気になる症状がある⽅はお気軽に医師へご相談ください。

気になる症状がある⽅はお気軽 に医師へご相談ください。

お住まいのエリアの医療機関を
検索することができます。

検索する open_in_new

監修 東北大学内科病態学講座
呼吸器内科学分野 教授
杉浦 久敏 先生